2011年03月25日 Tweet It!

日本からの事故データ欠如

日本からのデータの欠如が核専門家を悩ませている

60394230.jpg

機能停止をしている福島の原発の原発で、日本の作業者たちはどのように消防の緊急ホースで損傷した原子炉を冷やそうとしたのだろうか?
使用済み燃料プールからの汚染された水が太平洋に流れ込んでいるのだろうか?
国の事件の指揮者は、正確には誰なのだろうか?

アメリカの核科学者と政策専門化には、これらの多くの疑問に対する答えがはっきりしていない。専門家たちは日本から出てくる情報が質量ともに大きな穴がある状態で、始まってから約二週間になるが災害を理解できていないという。

元記事

ロスアンジェルス・タイムズの記事です。
今日の記者会見では、首相は情報開示を進めてゆくみないなことを言っていましたね。
パニックになってはいけないでしょうが、この写真が訴えている意味は何でしょうか?

私は、作業員の方たちは、「命をかけて」、日本を守ってくれているのだと思います。


posted by 狭依彦 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。