2011年03月31日 Tweet It!

原発事故ツケを払うのは国民

日本は国民に東電の原発降下物のツケを払わせる

不正直な日本の政治家たちは日本の核降下物災害に対して東電が直面している責任としては不足な12億ドルの責任を国に肩代わりさせるステップを始めている。それにより、日本国民が代わりにツケを払うことになる。
皆さんの国で同様なことが起これば、あなたたちもツケを払うことになるだろう。

現代の資本主義社会ではこんなことは繰り返し起こっているように思える。
強欲な企業は納税者を曲がり角があるごとに目をそらせて天井知らずの利益を荒稼ぎする。
そして、面倒なことになると、今度は強欲な企業は不正直な政治家を強化して、次のように言う。「仲間のことは心配しないでいいよ。あなたの給料は私が持つよ。納税者にツケを払わせればいいじゃないか」

原子力損害賠償(政府のページ

元記事

○○は健康に影響のないレベルです、ってのは毎日分かりやすく説明してくれるけれど、こんな話になると例えばHPのようなよく分からない説明だけで、「ツケを国民が払う」という分かりやすい説明はテレビでは見ませんね!

世界で唯一原爆を2発も落とされた国、私はそれを人体実験として落とされたと思いますが、そんな国にいっぱい原発を作らせ、国民を「教育」して、こんな事故があっても「原発は必要だ」と思わせておく・・・
やっぱり、貪欲な奴らが利益のためだけにではなく、裏で仕組んでいる奴がいるように思えますね。
posted by 狭依彦 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。