2011年04月13日 Tweet It!

欧州の放射能リスク

ヨーロッパでの福島からの放射能リスクは「もはや無視できない」

ヨーロッパでのヨウ素131汚染に関するリスクはもはや「無視できない」と、フランスのNGO放射能研究団体CRIIRADは言う。

この団体は、妊婦と子供たちに「リスクのある行動」を避けるようにアドバイスしている。それらは、牛乳を飲んだり、大きな葉のついた野菜を食べるなどのことだ。

ヨーロッパでは福島の核大事故からの放射性降下物について懸念を持つ市民からの数千の問い合わせの回答として、CRIIRADはヨーロッパでの放射性ヨウ素131汚染のリスクについての資料ファイルを作成した。

しかし、CRIIRADは、室内にこもりきりになるとかヨウ素剤を読む必要は全くないと強調している。

放射性ヨウ素131はほとんどの場合空気中にガスの状態で存在するが、福島の放射性降下物の場合は、問題はヨウ素131の摂取に限られる。

CRIIRAD notes that the amount of iodine-131 capable of delivering a dose of 10 mSv varies greatly depending on the age of consumers. Children up to two years old are the most vulnerable and ingestion of 50 becquerel (Bq) is enough to deliver to the body a dose of 10 mSv, according to the institute.

If the foods (leafy vegetables, milk etc.) contain between one and 10 Bq per kg or more, it is possible that the reference level of 10 mSv may be exceeded within two to three weeks, the institute added.

元記事

ヨーロッパでもアメリカでも、一般の国民に恐怖を与えるようにしていることはあると思われます。

さてさて、引用した英語部分は食品などの許容摂取に関したものです。自分で読んでみましょう。
そして、日本の基準を調べ、比較してみましょう。ちなみに、基準値は最近変わっているはずですよね。

ベクレル・シーベルトの換算のサイト

私は答えが分からないので、出たらコメントに投稿してくださいね。

私たちの国日本を知るため、生きることの意味を知るために、高校生などには最適な教材だと思われますが、そんなことは指導要綱にはないので、だめでしょうね。


posted by 狭依彦 at 22:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3号機は水蒸気爆発を起こしていた
政府はこの事実を隠してきた
それはこの事実を知れば作業員が近づかなくなる・・・
すると広瀬隆氏他の言う「最悪の事態」に陥ってしまう
つまり次から次へと福島原発の爆発が起こりうる!
チェルノブイリ以上の放射能汚染が心配される
Posted by tora at 2011年04月15日 16:23
放射線の量は、放射線源からの距離の2乗に反比例するという説があるそうです。

東京の消防庁が放水をした時に、インタビューで隊長が言っていたので記憶しています。
それからは、解説などで言われていないようですが・・・・・・

そこで、考えてゆくと、原子炉の放射線量はものすごいものになると思うのですが、素人考えでしょうか?

専門家の話をうのみにするのではなく、間違えていてもいいから、自分で考える、そんな姿勢を持ちたいものですね。

専門家はなぜ社会的地位もあり、たぶん、収入も高いのでしょうか。
それは、「誰か」のために、役立っているからでしょう。
Posted by 狭依彦 at 2011年04月15日 23:17
根昆布をはじめ海藻類にふくまれるヨウ素を吸収できるのは
日本人だけ、という腸内細菌のテストの結果が出たそうですよ。それにミソなど大豆製品との相乗効果でさらに良いらしいですからね。努めて日本食とりましょうね。
Posted by at 2011年05月16日 20:59
それで、あまり放射能被害が出ないといいですね。
Posted by 狭依彦 at 2011年05月16日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。