2011年04月20日 Tweet It!

日本ネット検閲

日本が公式に福島原発事故に関する真実の検閲を命じる

自由な民主主義国家だと思われている日本、そこは言論の自由に価値を認め守っていると思われているが、その日本が公式に、政府の「災害は終わり、放射能の危険はもはやない」という公式の立場に反するコンテンツをサイトから削除する命令を通信企業やウエブ管理者に公式に出した。

検閲で抑圧しようと意図しているいわゆる噂については、ほとんどのものが噂ではなく真実であろう。
例えば、日本は、いくつかの国は日本からの輸入で放射能がある車を受け取ったと報告しているにもかかわらず、放射能を帯びた車は噂であると抑圧しようとしている。
日本は放射能を帯びた魚というウソの噂を抑圧しようとしているが、しかし実際のところ、放射能を帯びた魚が捕れていて、日本とアメリカは魚は食べても安全であると言っている。食物の米連邦の制限値の2400%であるにもかかわらずだ。(2400% 未確認)

Asia-Pacific Journalの一部

いわき市の中学校の入学式で、校医が生徒と父兄に対して、「放射能問題は既に終わっています。何の問題もなく学校に来たり、外に行けます。悪意のあるゴシップに怯えることはないのです。」と教えた。

元記事

元記事にAsia-Pacific Journalのレポートというのがあり、この元記事の著者が引用していますが、検閲でその記事はそのうち消されるだろうと言っています。

でも、私は英語で書かれているので消されないと思います。

皆さんも、その記事、英語で読んでみましょう。

また、次の言葉も検索してみましょう。

  放射能の車、radioactive cars Japan
アメリカでは問題ない。
ロシアが放射能の車と言っているようだ。

  魚の放射能 fish safe radiation 2400
  2400%は陰謀論サイトが上位に来ている。

信じる、信じないは自分の判断
人の意見、権威のある人の意見、人から馬鹿にされている人の意見、などいろいろあると思いますが、まず自分で考え、自分で判断。
自分で検索し、自分で計算する。
それが、今こそ必要とされているのでしょう。


posted by 狭依彦 at 22:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絶対に許されない暴挙だ。
民主党は即刻下野させ、
2度と浮かび上がれないようにしてやろう!
Posted by ごんた at 2011年04月21日 13:24
絶対に許さない・・・

だけどこんな事が起きてしまう政府を作ってきてしまった国民全てに責任があるのかな・・・。無知は罪だと思う。

私は二十歳ですが、きっと全ての人に責任があるのだと思います。
だけどこれから生まれてくる命に罪はないと思います・・・。

場違いな書き込みだったらごめんなさい。
ツイッターから飛んできて、この記事だけを読んでコメントしています。。

失礼しました。
Posted by みお at 2011年04月21日 20:56
>全ての人に責任がある

その通りだと思いますが、責任を均一と考えてはならないでしょう。
例えば東電の社長と原発現場で自己対策に当たっている社員とは同じ東電の人でも責任の重さは違うはずです。

このサイトの考え方としては、原発を日本に作った人と、その宣伝に乗せられ原発をありがたがっている人では「責任」の質が違うということです。
Posted by 狭依彦 at 2011年04月21日 22:01
狭依彦さん、おひさしぶりです。こんちは〜

今別件で、プロバイダーが強制遮断を始めてるようです。
http://nuevlxxxxrusfel.blog5.fc2.com/blog-entry-557.html
こちらのブログのFC2も今はなんか「一部エラーが生じております」とか表示が出てコメント書き込みが出来なくなっております。

取り急ぎ報告まで
Posted by kiri(やまうち) at 2011年04月22日 06:26
こっちもあるかも知れませんね。
ネット規制については十分に準備がしてあるはずなので、「口実」さえあれば、実行してくるのでしょうね。
Posted by 狭依彦 at 2011年04月22日 19:25
東電社員 ≠ 東電職員 です。
作業するべき輩は、職員です。
Posted by at 2011年05月31日 06:12
東電社員
東電職員
協力会社社員(職員)
派遣社員
派遣社員≠協力会社職員ですよね。たぶん。
みたいになっているのですかね?
Posted by 狭依彦 at 2011年05月31日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。