2011年04月21日 Tweet It!

バーレーンの女性詩人の死

バーレーン軍が女性詩人をレープし殺害

反政府の詩を作っていたバーレーン人の女性活動家がマナマ軍に逮捕されレイプされた後に殺された。

20歳のAyat al-Ghermeziは首都マナマ市のパール・スクエアでのデモの際に、自作の詩を唱えて、バーレーンの首相Khalifah Ibn Salman al-Khalifahと政府を激しく非難していた。

その後すぐに彼女は侮辱や脅迫の手紙やEメールが来るようになった。彼女が警察に脅迫のことを相談すると、警察に無視され嘲笑された。

4月の中旬に彼女の両親は匿名の電話で軍の病院に呼び出され、病院で彼女が数回レイプされて死んだことを告げられた。

現在までに、数名の女性や医師などがバーレーンの治安部隊に誘拐されているという。

しかし、Press TVはバーレーンの地元消息筋より彼女の死のニュースは全くの噂で、バーレーン政府がメディアの信用を落とそうとしているものだという電話を受けている。

元記事

全くの噂=風評というやつですね。
ウソの風評を流す=規制、というのがこれまでの世界でのスタンダード。最近の日本の風評はどうだったのでしょうか?


posted by 狭依彦 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック