2011年05月09日 Tweet It!

イラン・ラディンは前に死んだ

ビン・ラディンはアメリカの襲撃のずっと前に死んでる

イランのHeidar Moslehi情報相は「アルカイダ・テロリスト・グループの元首領オサマ・ビン・ラディンがずっと以前に病気で死んでいるという信頼できる情報がある」と語っている。
これは情報相が日曜日に内閣の会合を傍観していた記者たちに語ったもの。
情報相はビン・ラディンが5月1日にパキスタンの隠れ家で米軍に殺されたというアメリカの主張に疑問を呈した。
「もし、米軍もしくは情報組織が本当にラディンを逮捕または殺害したのなら、どうして彼もしくは彼の遺体を公開せずに、海に遺体を流したのだろうか?」と情報相は語った。

アメリカ高官が後にラディンの遺体が慌てて海に葬られたことを発表したときに、この急な埋葬は死後24時間以内に埋葬しなければならないというイスラム法にのっとったものであるとした。

しかし、海に葬るのはイスラムのやり方ではないし、イスラムでは埋葬のタイムラインは定めてられはいない。

元記事

反戦活動家シンディ・シーハンさんも、同じようなことを言っています。
「ビンラディンの新たな死を信じるなんて、ばっかじゃないの」(ちょっと訳が行き過ぎのような気もします)

ビデオ(英語)


posted by 狭依彦 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック