2006年06月30日 Tweet It!

No Bravery

No Bravery(Bravery 勇気、大胆さ、勇敢さ)

あなたの目のなかに、もう、勇気の光は見えない・・・

歌とビデオ(4分ほど)

機械翻訳でどうぞ

英語


posted by 狭依彦 at 22:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | こころ・言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今もこのようなことが起こっている、
行なわさせられている、

テレビでもこのような映像が映っていても、深く考えるのは一瞬で、明日のことを段取りしている自分、マインドコントロールされているのか?、

「ネオスピリチャる」という本を買った、
フォトンアセッションの本ですが、どうもなじまない、これ末孫が関わってるんじゃないかと思わせる、

その中に「これから世の中に起こる激変的出来事に、同調しないように、たとえばイラクで爆弾が〜のような映像でも、ネガティブに同調せず、逆に笑う、ぐらいになってください、そうじゃないと高次元になれないと、ペテンの芝居にだまされないように、と
ぼくにはなじまなかった、アセッションと言う言葉はこうやってやっていくんでしょう、

その中のエハン・デラヴィ氏はアイクを引用していてわかりやすかったです、

話は変わりますが、太田氏の時事でアイクが出ていますが、大丈夫でしょうか?、
かなり大変な状態ですね、とても心配だ、

あちら側の圧力でしょうか?。


Posted by chuji at 2006年07月11日 17:18
アイクさんは苦しい状況らしいです。世界で1000万部とか本が売れているはずですから、すごくお金をもうけているはずなのに、寄付とか呼びかけていますし、アイクのニュースレターは有料です。年20ドルくらいなので払ってもよいのですが、支払い方法が分からないので、ニュースレターはヘッドラインに載る一部だけしか読んでいません。
Posted by 狭依彦 at 2006年07月11日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。