2006年07月07日 Tweet It!

諜報機関の麻薬貿易

自分の未来を知らなくっちゃ

国際的な諜報機関(MI6, CIA, モサドなど)が協力して世界的な麻薬貿易を行っている。その額は少なく見積もっても年間5000億ポンドにもなる。世界の石油取引より多い額だ。MI6が世界の諜報機関を支配している。MI6は1947年にCIAを設立したが、現在でもまだ支配をしている。この「ブラック・オプス」の麻薬資金、または、古典的なオウエリアンの用語ではMI6/CIAの「不適切な資産」は「最高機密」に属する政府や軍事作戦の資金として使われている。
世界中のUFO情報の隠匿や地下深くにある軍事基地(D.U.M.B.S)の建設と維持なども、これらの作戦の一部だ。

元記事


posted by 狭依彦 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊性・肉体破壊陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。