2011年05月31日 Tweet It!

ペプシコーラをボイコット

人工妊娠中絶に反対している多くのグループがペプシコーラのボイコットを呼びかけている。
問題はペプシとSenomyxというバイオテクノロジーの会社の関係である。
Senomyx社は、分離された人間の味覚器官を使って、同社オリジナルの感覚器を基礎とした分析装置を開発した。
この装置がHEK293という人間の胚の腎臓の細胞を使っており、その細胞は堕胎された赤ん坊から採っているというのだ。
ペプシがその分析技術を使って、香り増強剤を作っているという。

ペプシは製品自体に堕胎細胞を使っているわけではないが、そのような装置を使わずとも、他に選択肢があるだろう、というのが反対グループの言い分である。

元記事

アイクのサイトの表題

Pepsi Uses Aborted Fetal Cells In Flavor Enhancers

これはやりすぎですね。

でも、このシステムよく考えてみると怖いことですね。
人間の尊厳を全く無視して作られた装置で、何から作られているかわからないような物質を作る。
その物質が添加された飲み物を飲む○○人間たち・・・・・・


posted by 狭依彦 at 00:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
因みに、コカコーラを飲むと添加物の作用で糖尿病や不妊症になりますよね。ファンタも同じ。
Posted by at 2011年05月31日 06:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。