2011年06月03日 Tweet It!

超大不況は来るか

ストラテジスト:世界は超大不況の瀬戸際にある。連邦準備制度は知っている

有名な市場ストラテジストがCNBCに語ったことによると、世界の市場は最大の財政破綻の瀬戸際にあるといい、ウオールストリートは悪化し続ける経済に対して何をしたらよいか途方に暮れていると警告している。
「金利は驚くほど低いし、ベン・バーナンキのおかげで、すべてが加速している。我々は大きな大きな不況の瀬戸際にいる。連邦準備制度はそれを分かっている」とYastrow OrigerのPeter Yastrowが語った。
「現在起こっているのは、金融に責任のある人々がほとんどパニック状態であるということだ。利益を見つけるのは不可能であるので、効果があるかも知れない賭けになるような、また、経済に起こっていることとは関係ないような商品などにお金つぎ込みたい人はいないだろう。」

元記事

私は大不況は計算づくで「起こされる」と思っているので、やっぱり、近い将来に起こされると考えています。


posted by 狭依彦 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。