2006年07月12日 Tweet It!

欧州の王族・貴族は竜の子孫か

'On the Stewart's / European Council of Princes'(スチュアートとヨーロッパの王子達の会議を追跡)のウエブサイトを見ると、ヨーロッパの王子達の会議、つまりJersualemの聖ジョンの教団、マルタ島の軍事修道会、the Ordo Draconis、フリーメーソン、the Knights Hospitaller、そしてテンプル騎士団はすべてお互いに密接に結びついているのを知ることができる。これについて既に読んだ人はたくさんあると思うが、そんな話が公式のウエブサイトに載せられていることは極めて異例のことなのだ。

元記事

機械翻訳


posted by 狭依彦 at 20:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | レプティリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
EUの父、クーデンホーフ・栄次郎・カレルギー伯爵は日本の血を受け継いでいる、

某、有名ブランドの香水、MITUKOが発売され、そのその貴族の歴史をその時期に知りました、
 
先代の劇的な出会いなど「カサブランカ」のモデルになった、としてテレビなどでも話題になりましたが、         子孫カレルギー栄次郎伯爵は、最近まで、 EUのを構想した人物だとわ分かりませんでした。

レプブラッド、ジャポンのハイブリットは優秀なヨーロッパエリートになった、
情報を見ると、末孫をして、歴代首相、 鳩愛の友として、深くつながっていた、
現在の子孫はどのような活動をしているのか興味がつのる。
Posted by chuji at 2006年07月13日 14:47
アイクの言に、よく小説や映画やドラマが実話に基づいてるという話が出ますが、日本のTVドラマで何年か前にやってた「アナザ・ヘブン」という番組も、ストーリーはさておき、主人公(希少な純粋の地球人という設定)の背中に「爪」という字があったり、登場人物の台詞等、随所に気になる所がありました。「爬」は「爪」に「巴」ですね。「巴」は字源辞典で調べると「蛇がとぐろをまいてる様」との事・・。
「爪」は番組内では古代文字で「生存」という意味になっていました。この物語は、結局血の気の多い主人公が、最後の最後で戦わない事を選び…?純粋な地球人が日本人なのがミソですね。
古代に「良心の呵責」を持たない種族が「ある石」を持って地球にやって来た。「石」は人々の負の感情をエネルギー源にしているという設定。私はこれが、例のオリハルコンってヤツなのでは?と、思いました。

キーワードが「遺伝子」になっていて「DNAは純粋に保たれなきゃいけない」なんて台詞も登場します。
Posted by こゆき at 2006年07月23日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。