2006年07月13日 Tweet It!

ゲイツとクリントン

どうなっているんやろね?

fundacion-bill-clinton.jpg

二人のビル、一つの使命

この二人の男達は世界中で行われたエリートの会合で袖を擦り合わせてきたが、二人が力を合わせたのは、まだ日が浅く、数ヶ月前からのことだ。
ゲイツ氏は75万ドルと小額の寄付をクリントン財団に寄付している。目的は、多くの人がエイズの薬を手に入れられる方法を研究するためだ。本日、クリントン氏は南アメリカのケープタウンで行われるゲイツ氏が主宰するMicrosoft Government Leadership Forum(マイクロソフト政府首脳フォーラム?)で演説することになっている。そして、明日は、ゲイツの妻のメリンダも同席して、レソト(アフリカ南部)のマセルを訪れることになっている。クリントン財団が運営するHIV/AIDS診療所を訪れることも目的の一つだ。

レソトについての情報
レソトはあまり聞かない国の名前ですが、情報を見ると、なるほど、お二人が訪れるにはふさわしい所のようです。

このあたり、セガリヤ・シッチンの話に出てくる、エンリル、エンキの鉱山のあったところぐらいでは・・・(ちょっと、不確か、記憶で書いているだけだから)

クリントンさんは、英語を勉強していた時に、モニカさんのフ○○○オの記事でよくお世話になったものです。その当時は陰謀論なんて、全然知りませんでした。何で、フ○○○オなのと思った程度です。
ゲエーツさんは、昔から大嫌いで、この写真など嫌らしいですね。野茂の時代に大リーグの球場で、子供のように野球を楽しむ姿がテレビに映ると、ゲボが出るほどでした。その当時は陰謀論なんて、全然知りませんでした。
それで、ゲエーツさんがレプと聞いて、アイクの言うことを信じたのでした(アイクはそうは言っていなかったッケ)・・・


posted by 狭依彦 at 21:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「れんと」ではなく「れそと」、ですよね。
Posted by at 2006年07月13日 21:53
失礼しました。本文は修正しました。
Posted by 狭依彦 at 2006年07月13日 22:04
修正していただいたのですから、上記コメントは削除なさってください。えらそうに言ってごめんなさい。毎日見てますので頑張って下さい。
Posted by at 2006年07月13日 23:54
ビルゲイツ3世はレプ的な臭いがする、
おそらくそうでしょう、

ヴィザージュとなりふり立ち舞いは穂もセクシャル的、欧米のクラッシック界にいそうなタイプ、いいとこのエリマキトカゲ。

ただの慈善家、末孫ゲイツ氏は、ガバメントフォーラムをつくってなにを構想しているのか?。
日本の孫ソフト氏と極秘会談、と情報で流れていますが、日本では何が始まるんでしょう?、とても気になる。
Posted by chuji at 2006年07月14日 16:13
間違いを訂正していただくのはありがたいです。
最近、一度訳して、そのままのことが多いので、たまに、東南アジアを西南アジアとか大間違えします。
一応、このサイトも公共性がありそうですので、他の皆さんもよろしくお願いします。
Posted by 狭依彦 at 2006年07月14日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック