2006年07月14日 Tweet It!

イラクの死の商人

また攻撃があったのだろう。6月18日、日曜日の朝早く、米軍のヘリコプターがファルージャのal-JughaifiにあるSinan Abdul-Ilahの家の近くに着陸した。それから2分もたたないうちに、Abdul-Ilahの家のドアがこじ開けられて、「奇妙な服装をした一団」が家の中に乱入した。これは、近所に住む40歳の教師Walid Ahmedの目撃談だ。

「この軍団はここファルージャの人々には全く知られていない。彼らは米軍の特殊部隊で、逮捕より暗殺することの方が多い」と、この事件を目撃したAhmedはInter Press Service (IPS)に語った。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファルージャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。