2011年06月13日 Tweet It!

ボスニアのピラミッド

炭素年代法によるとボスニアのピラミッドは1万年以上前に作られた

15660bospyrs.jpg

Semir Sam Osmanagich氏がボスニアでピラミッドを発見し、ここ数年は、ピラミッド上で炭素年代法に使えるような有機物を一生懸命探した。
ついに、2010年夏にボスニアの Sonda 20月のピラミッドの発掘で有機物が見つかった。それは、石のブロックの表層で見つかり、ポーランドのSilesian大学研究所に送られた。
炭素年代法ではこの有機物は10350年を示した。つまり、ピラミッドのテラスは約1万年前に作られたということだ。
これはヨーロッパの歴史と最初の進んだ文明の知識を完全に塗り替えるものだと、Osmanagich氏は語る。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。