2011年06月15日 Tweet It!

太陽嵐による停電の危険

太陽嵐が国の電力網を脅かせば、計画停電の可能性がある

強い太陽嵐が地球を襲う可能性があるという警告に応える形で、英米の政府関係者は各国の電力網を計画停電させる用意があるという。
インディペンデント紙のインタビューで、米宇宙気象予測センター長のトーマス・ボグダンは各国の電力網を守るために計画停電が行われることを示唆した。これは、何も予防をしていない場合に大きな太陽嵐が地球を襲うならば、電力網の損傷を修理するのに数ヶ月から数年かかりかねないということだ。

電力網で弱い部品は電力線に繋がっている数百のトランスフォーマーであり、地磁気の太陽嵐の間に突然の電流の瞬間的増加を受ける可能性がある。

可能性として、北ヨーロッパや北アメリカなどの広範な部分で数日から数週間の停電が起こりかねない。

1989年、カナダの広範な地域で電力網が磁気太陽嵐に襲われ停電があった。

1859年には電信線が焼けきれるような巨大な太陽嵐があり、このレベルのものに襲われると、大きな被害が予測される。

元記事

Controlled power cut を計画停電と訳しました。

日本には原発がたくさんあるので、外部電源が失われるような停電は怖いですね!
posted by 狭依彦 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210005368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。