2011年06月24日 Tweet It!

核燃料地下水中へ漏洩

福島の核燃料が地下水に漏れている。東電は、バリアを設けるコストが高すぎ、株価に影響を与えかねないと言っている

日本の報道によると、福島の核燃料が格納容器を溶かし底から落ちて、原子炉プラントのコンクリートの基礎に溜まっていて、地下水の中に漏れているという。
東電はこの溶けた溶岩が地下水の中に広がるのを止めるためには地下のバリアが必要であるが、そのコストは膨大で、東電の株価に影響を与えかねないと言っている。

関連記事

元記事

元記事にアクセスできないので詳しいことは分かりませんが、関連記事のようなメルト・スルーについての記事だと思います。
でも、原発そんな状態なのに、よく作業員の人たちは作業しているのですね。作業していてもらわないと困るわけですが・・・・・・


posted by 狭依彦 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。