2005年02月24日 Tweet It!

300万年前にさかのぼる人工物発見

南アフリカのWonderstone銀鉱山の地下深い岩の中から、人工物と見られるニッケルと鉄の合金でできた楕円形の物体が200個も発見された。この合金は自然界には存在しないといわれている。

(オリジナル記事の写真参照)
この楕円形の物体には、奇妙なスポンジ状の物質が詰まっており、外気に触れると分解してほこり状になってしまうらしい。

この物体を閉じ込めていた岩は、放射同位体での年代測定では300万年ほど前を示している。もちろん、その時代には人類なんて影も形もなかったはずだ。

この発見はNASAをも当惑させたと言われている。

http://community-2.webtv.net/WF11/3BillionYearOld/


posted by 狭依彦 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。