2011年07月13日 Tweet It!

パキスタンのニセワクチン活動

CIAがオサマ・ビン・ラディンの家族のDNAを手に入れるためにニセのワクチン活動を行った

オサマ・ビン・ラディンが隠れていたと信じられている町で、CIAがニセのワクチン接種活動を行っていた
ガーディアンの調査によると、これはアルカイダの首領のビン・ラディンの家族からDNAを得るための手の込んだ活動であった。

5月に急襲がありビン・ラディンが殺されたが、この広範囲な準備の一環として、CIAのエージェントがパキスタンの上級の医者を雇って、アボッタバッドでワクチン接種活動を行った。また、このワクチン接種をより本物に見せるために、町の貧困地域でこの活動を開始しさえした。
これは、パキスタンと米国の政府関係者と地元住民が語っている。

医師Shakil Afridiはその後、アメリカの情報部に協力したとしてパキスタンの情報部に逮捕されている。

CIAのこの作戦が成功してDNAを手に入れることができたかは不明である。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック