2011年08月04日 Tweet It!

福島で高校総合文化祭開催

日本が12,000人の高校生を福島のフェスティバルに行かせる!

福島第一原発で一時間に5シーベルトを超えているホットスポットが見つかり、重大な放射能汚染の状況がついに理解されはじめている中、高校生は福島県で何をするのだろうか?

毎年ある全国高校総合文化祭を福島で行い、高校生を日本各地から福島に集め、高レベル放射能ホットスポットが見つかったり、高放射能の稲藁や肉牛が見つかったりしている町に行かせる。例えば、福島市では、コバルト60が公園の土壌から見つかっているのだ。

普段どおり事を運び、すべてが元に戻っていると見せかけようとしているのだろうか。
放射能?どんな放射能?

元記事(朝日新聞の日本語記事あり)

5シーベルトというのは1マイクロシーベルトの1,000,000倍ですよね。
これまで、数十、数百マイクロシーベルトの話をしていたのですよね。
日本国としては、そんなことには「気にしない」国民がいい国民でしょうか?


posted by 狭依彦 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック