2006年08月09日 Tweet It!

イスラエルとヒズボラ

イスラエルはヒズボラからのいわれのない攻撃に応酬しているだけだ。正解?不正解?

イスラエルのレバノン攻撃をどう考えるかはともかく、皆、一つの事実については合意しているようだ。それは、イスラエルの攻撃は応酬であることで、不均衡ではあるだろうが、ヒズボラからのいわれのない攻撃に応酬しているということだ。「ヒズボラが最初の弾を発射した」と書いたときに、私は、この事実を前のコラムで書いた。そうであるなら、イスラエル政府の支持者は私のような平和運動屋に対して、「あんたならどうしただろう?」と尋ねる。(ヒズボラが最初に攻撃したのは)重要な問題だ。しかし、それは仮定にすぎない。私は、それが不十分なものだと分かった。

ちょっと訳が不安

元記事 機械翻訳

兵士の誘拐とヒズボラの攻撃は、イスラエルの戦略によって誘発された、みたいな内容だと思います。


posted by 狭依彦 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック