2011年08月26日 Tweet It!

スターウォーズとカバラ主義

ハリウッドとオカルト主題

ジョージ・ルーカスはスター・ウォーズの精神的なフォーマットとしての文化をカバラ主義に正確に作った。

スター・ウォーズを作るのにジョージ・ルーカスが選ばれたのは偶然ではなく、ルーカスはこのカバラ主義の作品を一人で作ったのでもない。
「ルーカス」という名前の根本的な派生的な意味は「ウルフ(狼)」である。
狼はイルミナティの微妙な象徴の一つである。しかし、それは現在までに、映画メディアの中にコンスタントに浸透している。
シオンの議定書では、イルミティは自分たちを「ウルブス」(狼たち)と呼んでいる。

ルーク・スカイウォーカー(ルーク=ルーカス)は「フォース」の探求の道を新たに歩むが、その過程で、暗黒面の力と善の側の力を混同してしまい、まさに暗黒面の力に負けそうになったところを、姉妹のレイア姫が出す愛の力に、瀬戸際で救われる。

イルミナティはカバラ主義者であるか?
いやそうではなく、彼らのカバラのメッセージは、功利主義の倫理が微調整された版(バージョン)である。これらは、知性を基盤としていて、将来の人間社会はそのメンバーの知性のレベルによって決められる階層となるだろう。

イルミナティが大衆にカバラ主義思想を提供するのは、この功利主義の倫理によると、「善」と「悪」は人間が正直な決定をする能力を破壊するために最も単純な分類付けとなる

元記事



posted by 狭依彦 at 00:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カバラ、放射能のような存在。
第3神殿の復活まで続く。
Posted by 隣のプレアデス人 at 2011年08月27日 22:10
第3神殿の復活の後は?
Posted by 狭依彦 at 2011年08月30日 23:48
Tomorrow Never Knows かな。
Posted by 隣のプレアデス人 at 2011年09月01日 00:43
ありがとうございます。
Posted by 狭依彦 at 2011年09月01日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。