2011年09月28日 Tweet It!

ヨーロッパ借金不履行を!

ユーロとEUをつぶして銀行家にメッセージを送ろう

ヨーロッパの中央銀行家たちは、人々には責任のないウソとニセの借金で世界を奴隷にしようとしている
銀行家たちが最後の手段として財務テロを利用するなら、ヨーロッパは金融派生商品の債務不履行を行い、ユーロを投げ捨てればいい。
今、民間の中央銀行家に対して世界中で財政的な反乱が起こるのを我々は目にするようになった。

この銀行家たちは世界中で起こっている飢饉や疫病の多くの責を追うべきである。彼らは、人々の命は自分たちにとって何の価値もないものだと考えている。
発展途上国の政治家や独裁者たちは同じ銀行家に買収されたりお金をもらったりしていて、国が産業を発達させたり、生活標準が上がったりするのを邪魔をしている。
銀行カルテルは母なる地球を救うことを正当な理由として、人々を無益な悲惨さに陥れている。

世界銀行は地球を救うという名目で、ウガンダの村民を恐怖に落とし入れ、子供を撃ったり、無実の人々を土地から追い出している。
生物多様の名のもと、メキシコ南部からマヤ人たちを自分たちの古代の土地から移住させているのも同様だ。
これらの銀行家は人間性のかけらもない病んだ者たちだ。

元記事
posted by 狭依彦 at 21:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地球を借金漬けにする宇宙人銀行家の目的は何ですか。あと地球人の宇宙人による地球人のための三次元隔離政策って地球人を多次元に行かせないための宇宙人の政策ですか。
Posted by ミケ at 2013年01月27日 12:20
記事のことなら読み直して、こう言っているとお答えできますが、この問いは無理ですね。
誰か答えられる人があったらお願いします。
Posted by 狭依彦 at 2013年01月27日 15:03
僕も、それらに関しては今すぐ答えはだせません。
ただ、僕は例え鼻で笑われようと周りで誰もそんなことは考えようともしないとしても、
アイクのレプティリアン説は例えどんな結論になろうともこれからも「追究」してゆこうとは思ってます。
「騙されたい、支配されたいと思わされるようにコントロールされ続けてきたから…」
そんな言い訳だけは、したくないので。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2013年01月28日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227961647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。