2011年10月04日 Tweet It!

オキュパイ運動第二波

オキュパイ運動の第二波が始まった:ターゲットはFederal Reserve(連邦準備制度)

Occupy Wall Streetのデモ参加者は彼らの主要な目標(綱領)の一つとして連邦準備制度をターゲットにしている。

デモ参加者の支部の一つであるOccupy San Franciscoは巨大銀行がある金融街ではなく、サンフランシスコ連邦準備銀行の前で行われている。

主要な目標(綱領)

とりわけ、われわれの目的は連邦準備制度、IMF、BIS、世界銀行を中心としている国際銀行カルテルの解体である。

連邦準備銀行システムの主要なデーラーは職を去り、市場操作を行い、世界経済を破壊している責任をただちに負うべきである。

善意の最初のしるしとして、ベン・バーナンキが連邦準備制度の議長を退任することを要求する。

われわれの要求が容れられ、法のルールが回復するまで、われわれは非暴力、平和的、市民不服従運動を絶え間なく続けてゆくつもりだ。

元記事

記事の写真に、オサマ・ビン・バーナンキというプラカードが出ています。

この運動、扇動されているオレンジ革命の一つかどうかはまだ分かりませんが、連邦準備制度もターゲットにしているようです。
このブログアイクの情報の読者なら、よく理解できるでしょうが、さて日本のメディアが報道する時はどう説明するのでしょうか?
というか、支流の一つなので、そんな場所で行われたというのは報道されないでしょうが・・・・・・


posted by 狭依彦 at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに始まりましたね〜。
Posted by 隣のプレアデス人 at 2011年10月05日 21:44
どんな構造になっているか分かりませんが、レポートは続けたいと思います。
Posted by 狭依彦 at 2011年10月07日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。