2011年10月28日 Tweet It!

米無人機ソマリアで25人殺害

米テロ・ドローン、ソマリアで25人殺害

米の暗殺ドローン(無人飛行機)攻撃で、ソマリアで25人以上の民間人が死亡、50人程度が怪我をした。

米はソマリアでドローンを使ったテロ・攻撃を拡大している。この非合法的な攻撃により、多くの民間人が犠牲となっている

アメリカは、アフガニスタン、パキスタン、リビア、イラク、イエメンとこの種のドローンでの攻撃を続けており、ソマリアは6番目となる。

米政府はこの攻撃は反アメリカ武装勢力を狙った暗殺作戦であると主張しているが、この攻撃の大部分で、民間人の死傷者が出ている。

元記事

ソマリアと言えば、自衛隊が「海賊退治」に行っているところですよね。

太平洋戦争末期に日本本土が米軍の空襲を受けていましたが、小規模ではありましょうが、そんなことが上記にあげた国で起こっているのでしょうね。


posted by 狭依彦 at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オバマ大統領、無人機の存在認めたみたいですね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130524/k10014806351000.html

民間人の犠牲がでてることに関しては
「何もしなければ、さらに多くの民間人が犠牲になり、陸上部隊を派遣すればアメリカ兵の犠牲が増え、各国との関係も悪化する」からやむをえないようなことを言ってたようですが・・・
かなりムリのある発言ですよね^^;
でも、それを「確かにそれは仕方がないね」と受け入れる人達がいるのか・・・。
自分の国が自分の家族やそして自分自身さえ殺されなければ、別にいいとでもいうんでしょうかね…。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2013年05月24日 16:30
>テロリストの拘束が難しい場合、今後も無人機による攻撃を続けていく

テロリストの拘束は難しい、というか出来ないですから・・・
「今後も無人機による攻撃を続けていく」となりますね。
テロリストは拘束されないし(自分たちが創り出したものですからね)、女性・子供をかなりの割合で含む民間人だけが殺されるということでしょう。
Posted by 狭依彦 at 2013年05月29日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。