2006年09月05日 Tweet It!

ボヘミアン・グルーブが姿をあらわした

ボヘミアン・グルーブはカリフォルニア州のソノマ・カウンティの森林静養所であり、2700エイカーの広さがある。ここは、一世紀以上も、カリフォルニアの大金持ちが集う場所であった。サンフランシスコのあるジャーナリスト夫婦によって1872年に創設された、秘密の男だけのクラブで、メンバーが誰かは秘密。これらのメンバーの主要な命令は、新聞記者などには語られることはなかった。このグループをめぐる秘密主義によって噂がたったが、それらは、ホモ・セクシュアルであるとか、悪魔主義や人身供養などの恐ろしい儀式が行われているなどである。

元記事

機械翻訳


posted by 狭依彦 at 21:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノルウェー出身の画家、エドヴァルド・ムンク、「叫び」や「アルファとオメガ」で有名だ、ムンクの絵は30代の頃から変わりだしたと言われている、30代頃はドイツ・ベルリン時代、ドイツ表現主義の一人、その頃居酒屋「黒牝豚」で反自然派の「ボヘミアン・グループ」と交流している、形而上的に変質したのか?、

最近、ムンクが話題になっている、「叫び」のテーマの絵は何十枚と描いてたらしく、人間存在を表しているという、

表に出てきた「ボヘミアングループ」とムンクはパラレル出現だ、と僕は視ています。
Posted by chuji at 2006年09月06日 13:54
ムンクの絵では、マドンナが好きです(ありましたよね。盗まれていたやつでしたよね)
ボヘミアン・グループは調べていませんでしたが、歴史があるのですね。
ムンクがあっち側?あり得ますね。お隣の国の音楽家、シベリウスもあっち側の可能性がありますからね。
Posted by 狭依彦 at 2006年09月06日 20:27
ムンクは画家時代にどのような生活態度、教育姿勢、人との交流等があったかのかは知りませんが、現在、この人は(幽界、地獄界深層部に)堕ちています。この世界でも地獄絵を描き続けています。
Posted by さより at 2006年09月08日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。