2011年11月11日 Tweet It!

IAEAの報告書

IAEAイランの核報告

産経新聞

ロイター

IAEAがイランの核計画を非難する文書を発表したが、ロシア、中国はアメリカのイランに対する軍事攻撃の可能性について、懸念が高まっていると表明した。
中国はまた、イランがIAEAに敵対的な立場をとらないようにも求めた。
二国はこの報告書がイランをコーナーに追いつめ、外交的手段に問題を解決する機会を失わせることを心配している。

最新の情報によると、イランは数ヶ月のうちにも核兵器を手にする恐れがあるという。

イランは、攻撃があればホルムズ海峡を閉鎖する報復行動に出ると脅している。この海峡は世界の石油の40パーセントが通過している。

米、ライス前国務長官は軍事攻撃を強く主張している。

イスラエルのシモン・ペレス大統領はイランに対して軍事攻撃を開始する決意を表明している。

パキスタンや北朝鮮がイランの核兵器開発の手助けをしているという情報もある。

イランのAhmadinejad大統領は、「アメリカはイランの軍事力強化におびえている。イランの軍事力は今やイスラエルや西欧と対等に戦える程になっている。イランは中東のどの国よりも軍事力があるところが違う。」などと語り、イランは自国への攻撃は許さないと語っている。

元記事

これは、「普通の」メディアの記事です。

パレスチナの国連問題もあり、IAEAがグッド・タイミングで発表しましたね。
起こって欲しくないですが、いよいよですかね?(と何度も書いていますが・・・・・・)
ほんと、起こって欲しくないですね。


posted by 狭依彦 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック