2011年11月27日 Tweet It!

米郡行政当局に禁止提議

市民がケムトレイル禁止のイニシアティブ

12月6日、ニューヨークのサフォーク郡行政は公聴会を開いて、Environmental Impact Statement(環境への影響評価)を提出して郡の保健当局から環境基準の認可を受けることなく酸化アルミニウム、バリウム、硫黄などの塩化物を郡の上空に散布することを禁止する提議を論議する。

この禁止から免除されるのは、農薬散布と疫病媒介昆虫駆除−ライム病、東部ウマ脳炎、西ナイルウイルス−などである。

この公聴会はニューヨーク州のRiverhead Legislative Auditoriumで行われる。
公衆が議員にこのような地勢操作オペレーションのリスクを確信させることができるなら、この法律は12月20日の議会で採決されることとなる。さもなければ、この提議は無期限に保留される。

もし、立法化されるなら、アメリカで最初の法律となる。

(郡の決めるものですから、法律ではなく政令ですかね?適宜読み替えてください)

元記事

元記事には農民が酸化アルミニウム、バリウムの影響を受けた樹木を見せて、などの表現があります。
ケムの画像を見ていると、アメリカなどでは、日本より低空で撒いているのも見ますので、樹木などに対する直接な影響があるのかも知れませんね。

日本では、たまに目にするドラマとか、アニメにもケムらしいのがあったりしますが、パブリックはケムに気がついているのでしょうか?


posted by 狭依彦 at 09:18 | Comment(5) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今や日本中で毎日のように散布されていますが

夏場は露骨に、秋口頃より風が強くなってきたせいか、早朝から夜間までも利用してゲリラ散発的に、曇りの日は露骨に空一面に撒き散らしてます。

もしや天皇の舞子プラズマも・・・・・

Posted by ケムハンター at 2011年12月16日 00:15
映画「けいおん」を見に行ったのですが、空のシーンでは、しっかりケムがあったのが印象的でした。
そんなこと考えずに見たかったなと・・・・・・
Posted by 狭依彦 at 2011年12月16日 21:22
>映画「けいおん」を見に行ったのですが、空のシーンでは、しっかりケムがあったのが印象的でした。

これなんかもそうですかね
http://2chlog.com/2ch/live/liveskyp/image/1402374127-0075-001.jpg

アニメでケムを描くって、どういう意図があるものなんでしょう?
ケムが存在することを訴えるため?
それとも、ケムのある空がもはや普通の空だと意識させるため?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2014年06月10日 15:28
久しぶりにお返事します。
元気にはやっています。

最近、いろいろなCMとかでも見るようになりましたね。

きっと、そんな空が「普通の空」なのでしょうね。

私は、この頃よく吹く強い風なども、ケムの作用であり、ケム作戦はもはや完成に近い、などと思ってしまいますが、どうなのでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2014年06月14日 20:47
お元気そうでよかったです(^^)

>強い風なども、ケムの作用であり、ケム作戦はもはや完成に近い、などと思ってしまいますが、どうなのでしょうか?

もしそうだとすると、その風によってもたらされる天気そのものなどもケムの影響かも。
天気予報がよく当たるのも、予報ではなくそういう天気にコントロールしてるからなのか・・・?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2014年06月15日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。