2006年09月15日 Tweet It!

コロンビアの政情不安

9/11やイラク、ロンドン、その他などなどと同じように、コロンビアの軍隊が「テロリスト」の爆弾を仕掛けている

最近軍隊のスキャンダルがコロンビアを揺るがした。これは、コロンビアの軍の上層部が首都の近辺で車爆弾を仕掛けたとして告発されているものだ。この上層部の人々は爆弾を発見した人に報奨金を与える政府の情報内通政策に関係していると主張しようと望んだ。Alvaro Uribe大統領はテレビの国民向けの演説で、信頼が無くなっているという危機に瀕して、治安部隊に忠誠を持ちつつけるよう、コロンビア国民に要請した。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。