2006年09月18日 Tweet It!

教皇の反イスラムコメント

9/15
教皇の演説イスラムを怒らせる

benedi.jpg
アイク
現在のバビロン教会の傀儡首長

教皇Benedict XVIはドイツ訪問中のスピーチで聖戦の概念について述べた。そのスピーチに対して、イスラムの指導者から批判が相次いぎ、バチカンは声明を発表したが、イスラム指導者の怒りを抑えることができない。教皇がスピーチで触れたのは、14世紀のChristian emperor(キリスト皇帝)の言葉で、モハメッドは世界に「悪と非人間性」をもたらしただけだというものだ。

アイク
歴史的に世界一悪意があり血に飢えた「教会」の首長としてよくそんなことが言えるものだ。信じられない。

元記事

9/17
(たぶんアイク)
God Save Us From Religion(神はわれわれを宗教から救って下さる)

教皇の祝福に対して、セキュリティが強化される

多くのイスラム教徒の怒りを買ったと考えられるスピーチ以来、教皇Benedict XVI世の初めての公式行事への出席に際して、ローマではセキュリティが強化された。日曜日のAngelus blessing(礼拝)は強固なセキュリティの元で行われる予定だ。

元記事

-------------------------------
イスラム側はさらなる謝罪を求めている

教皇Benedict XVI世はイスラム教徒を怒らせたコメントに対して十分な謝罪を行っていないと、英国のイスラム指導者は言う。バチカンの声明では「教皇は、モハメッドは世界に『悪と非人間性』をもたらしただけだという引用をしたことに対して「大変申し訳ない」というものだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 08:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | 現代宗教・予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バチカンとエルサレムがイスラム過激派による核テロ(実は欧米支配者の自作自演テロ)で消滅するという予言が現実味を帯びてきた。

Posted by at 2006年09月18日 15:36
その場合、(バチカンとエルサレム)以外はどうなるのでしょうか。やはり消滅?
Posted by 狭依彦 at 2006年09月18日 18:28
消滅したほうがマシな位の地獄かと。。。
Posted by at 2006年09月18日 22:37
少し前に、ビートルズのこんな記事がありました

http://sankei.jp.msn.com/photos/world/europe/081125/erp0811251006001-p1.htm

個人的には、「キリスト」がほんとうに
「尊敬される存在」であれば、
そのような発言に いちいち怒る必要もないと思いますが・・・
(ジョン・レノンが、「言わされていた」のでなければですが...)

ちなみに アイクは否定しているようですが、
狭依彦さんは 
キリストは ほんとに実在していたと思いますか・・・?
Posted by エコエコアザラク B−Page at 2008年12月08日 13:10
アイクが言っている、キリストは○○さんのそっくりさん(『大いなる秘密』)が、大いに説得に富んでおり、私も、それを信じています。
キリストは実在しなかった。
Posted by 狭依彦 at 2008年12月08日 21:31
ありがとうございます

僕は「信仰」ではありませんでしたが、
以前はキリスト教を信じていました
キリストも実在していたと思っていましたし、
キリストがラサあたりに行って、密教あたりと関わっていたなんて説も 
興味を持ってたりしましたが・・・

でも アイクの本を読んで、
最初はひどくショックを受けましたが、
しかしそのとおりだと納得できました
今となっては、アイクに感謝しています・・・

だからといって、アイクと同じように
僕も 人が「それぞれ」に神を信じることを
否定したいとは思いません
この記事のように、ちがう神を信仰するもの同士が
「おまえの神は認めない」と争いあうことは、
時として 紛争などのきっかけにもなりかねないですし・・・

むしろ それを「演出」しているものを見極めることを、アイクは教えてくれたように思います・・・
Posted by エコエコアザラク B−Page at 2008年12月09日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック