2011年12月13日 Tweet It!

ロシアのデモ、メディアが教えないこと

ロシアの抗議活動:西側メディアのうそつき

■メディアが言っていること

CNNでは、「2万人から2万五千人のデモ隊が首都モスクワに集まっているとRia Novostiが警察の話を引用して話した。しかし、政情不安の報道は無く、セキュリティはがっちりしている。People's Freedom党の副党首Vladimir Ryzhkovの話では、4万人が集結し、1万人が主なデモ会場に向かっていると、ニュースソースは報道していた」

■メディアがあなたに言わないこと

Vladimir Ryzhkovはアメリカ政府が金を出しているNational Endowment for Democracy (NED)の「世界民主化運動」のメンバーである。
NEDはRyzhkovが自分がロシアの街を騒乱で満たそうとしていることを正当化するために引用している選挙モニターにも資金援助をしている。

元記事

Democracy(民主)というのはウソっぽい言葉のようです。
じゃあ、私たちは何に依拠すればいいのか?
わかりません。

1週間ほど休みましたが、また、少しずつですけど、記事書きます。


posted by 狭依彦 at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報ありがとうございます。

僕もロシアについては詳しいことはわかりませんが、ただ確かプーチン氏あたりが選挙で不正をしたことにみんな怒ってデモをしているという報道を見た時にはちょっと疑問は感じました。
そもそも、いったいなにをもってその選挙が「不正」とわかるものなのか?
それは、誰が流している(流させている?)情報なのか・・・?

僕個人は、例えどの国の選挙であろうと
イルミにとって とにかく仕立て上げたい者をそのポジションにつかせるためならば、
とりあえず行った選挙がもしほんとうにその仕立て上げたい者が票を獲得すればそのとおり当選させるし、届かなかった場合は不正をしてでもそのポジションに着かせているものなのかな?とは思っています。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2011年12月14日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック