2006年09月19日 Tweet It!

731部隊と米占領軍

看護婦が第二次世界大戦の残虐行為に対して沈黙を破った

第二次大戦中の日本の看護婦が60年以上の沈黙を破って、米軍が日本の首都東京を占領していたときに、何十もの、もしくは何百もの死体を埋葬していたという事実を暴露した。専門家の見解によると、これは戦争での通常の死者は一人も含まれていなくて、日本が生きている捕虜に対して行った秘密の戦時中の実験の犠牲者の可能性があるという。この残虐行為は日本政府は公式には認めていないが、歴史家やそれに加わった人々によって文書が良く残されている。

機械翻訳

元記事

731部隊について証言した石井さんの記事です。
米軍が死体を埋葬していたとは興味深い記事です。
反省するより、忘れよう。そんなニホンが、好き……


posted by 狭依彦 at 20:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元記事などは もう見れないようなので詳しい事はわからないですが、
つまりは 「731部隊が行っていた実験」などに、米軍が関与していたということなのでしょうか・・・?
そして、その第二次世界大戦中の日本の看護婦(看護士?)の方たちが、731部隊で働かされていたということなのでしょうか・・・?
だとすれば、たいへんな現実を目の当たりにしていたのでしょうね・・・。
看護婦(看護士?)として救えなかった
見捨てるしかなかった人達のことを、
決して 忘れたくなかったのでしょうかね・・・?

「南京大虐殺」にしてもそうですが、
僕は 情報ではなく実際にそれを経験したわけではないのでほんとうのところはわかりませんが、
少なくとも 殺し方うんぬんに関わらず、
戦争自体「虐殺」といえるような気もします・・・。

 
Posted by はばたいて鳥は消える at 2008年11月07日 10:34
たぶん、第二次世界大戦後に米軍が来て(当然)から、米軍が日本が行った実験での被害者の死体を埋めた、という話であったと記憶しています。
たぶん、米軍は731部隊などの人たちの一部をスカウトしたのでは……
Posted by 狭依彦 at 2008年11月07日 20:58
戦後ですか・・・
ということは、つまり ナチでいえば
「ヨセフ・メンゲレ」(でしたよね?)が
アメリカに招かれたみたいなものでしょうか・・・?
Posted by はばたいて鳥は消える at 2008年11月07日 21:11
そんな感じでしょう。
Posted by 狭依彦 at 2008年11月07日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック