2011年12月26日 Tweet It!

以・中国にミサイル販売か

イスラエルによって中国に売られたパトリオット・ミサイルが接収された

フィンランド当局は本日Raytheon Corporation製造のパトリオットミサイル69機を接収したことを確認した。

フィンランドのKotka港で、マン島の国旗をつけた船舶MS Thor Libertyの通常検査を行っているときに、フィンランド当局はパトリオットミサイル69機を発見した。このミサイルは大陸間弾道弾を迎撃できる能力を持ち、最新のもので、アメリカの軍事技術の最も機密事項であった。

この積荷の次の寄港地は、中国の上海であった。
価格は40億ドルで、関連レーダーは含まれていないが、既になんらかの方法で、運ばれていると思われる。
中国政府はこの取引を知らないと公式に否定していて、ミサイルは韓国に向かっていると主張した。

ドイツ政府がこの積荷の責任を取ると申し出たが、ドイツが最初にミサイルと受け取ったという記録はない。
数ヶ月前に中古のPAC 2ミサイルが輸送され、これは完結している。その後の、輸送は計画にはなかった。
ドイツはこれがスパイスキャンダルに進展しないようにイスラエルを守るようにネタニヤフに求められたのでメルケルがこれを受けたものだ。

ミサイルはアメリカと競争でイスラエルのブランドのもと世界中で売られるだろう。
イスラエルはアメリカが拒否するようなクライアントであっても、ミサイルを自由に売ることができる。

元記事

ちょっと話が見えていないので訳も変になっています。
posted by 狭依彦 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242815057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。