2012年01月04日 Tweet It!

英五輪で4000台のBMW

英・グリーンオリンピックは本当か?

2012年のロンドンオリンピックは「グリーン」であるとされているが、その信憑性に疑問がもたれている。
今度のオリンピックでは、数千人のVIPは運転手付きのBMWで専用レーンを移動することになっている
イギリスはこのために、BMWの新車を4000台発注した。車は数ヵ月後に納入される予定となっている。

一方、観客は車を捨てることを要求され、公共交通機関を使うことを求められる。

「選手の大半は選手村に滞在するのだから、BMWは本当は政治家や大物たちのためのものだ。一部少数の関係者は安全な移動手段が必要であるが、4,000人も?」と緑の党のメンバーは語る。

元記事

何か、ブタの銀行家さんがふんぞり返ってBMWの後ろに乗っているようなイメージがわきませんか?

確か、専用レーンはタクシーなどは禁止。
選手はバスで移動。もしくは、自転車などで移動。


posted by 狭依彦 at 22:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。いつもブログ拝見させていただいております。
さて今回の”ロンドンのオリンピックでの顧客は公共交通機関を使用させるということです”が、やはりこれは、ChemBlog−ケムログさんのサイトで紹介されてましたが、http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993575
テロと称してまたまた、イルミナティの計画の一部の人工削減実行への一連の操作かもしれませんね。VIPだけをBMWに乗せて移動させるところなど、何か胡散臭いものを感じさせます。
VIP以外は全員撲滅?的な計画かも。。。
今年もがんばってください!応援してます。
Posted by Yuriko at 2012年01月05日 05:31
ありがとうございます。
ボチボチやりたいと思っています。
Posted by 狭依彦 at 2012年01月05日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。