2012年01月19日 Tweet It!

アラスカのアザラシの大量死と福島の関係

福島からの放射性廃棄物は恐ろしい割合で北アメリカの西海岸に近づいている

この内容は行き過ぎ記事かも知れません。

アラスカの沿岸のアザラシが数百頭、不吉にも放射線病に似た症状で、死んだか、死にかけている
そして、次は何で、誰であるのか心配している人が沢山いる。オールタナティブ・メディスン(代置療法)は放射線病から守り、治療するために幅広い治療法がある。
ある種のホメオパシー医療は自然界の物質には、放射線病の症状をやわらげたり、放射線に暴露された厳しい状態から体を守る自然力を高める働きがあるものがある。

放射線病の初期症状は、頭痛、吐き気、発熱などもある。
さらに後になって、衰弱、めまい、精神錯乱、毛髪の減少、皮膚の障害、吐血、便に血が混じる、低血圧、直りが悪い傷、骨髄の損傷、胃腸や欠陥の閉鎖、ガン性の腫瘍などがある。
アラスカのアザラシが証拠となるように、これらの放射線病の症状の多くが動物に現れている

元記事

この記事全体は、代置療法が放射線病にも効くことを主体としていますが、アラスカのアザラシ「本当なのかな?」と思いながら訳していましたが、昨年の終わりにこの話、日本で出ていたようですね。

参考

ということは「これらの放射線病の症状の多くが動物に現れている」というところは「書き過ぎ・行き過ぎ」のようですね。
この元記事は「体制に批判的」なサイトだと思われますが、きっと、「保守的な」アメリカ人も、このように過剰反応しているかも知れませんね。
でも、アメリカ政府などは、このような話は完全否定で「安全だ、安全だ」と言っているようですね。

NHKで海の放射能の話をやっていて、少し見ましたが、20キロ圏内でも、アイナメやカレイは泳いでいましたからね。

なかなか情報を得るのも難しいですね。


posted by 狭依彦 at 00:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなり、すみません。
放射能障害ですか?
何故か?
抗ガン剤投与に因る、副作用に酷似して居ます?
独断と偏見です…
人間のお金への異常な欲望・思念の電磁波は…悪性放射能に匹敵する?
Posted by 宮城のシバ at 2012年01月22日 03:34
元記事では、この症状から放射能障害だと言っています。
>抗ガン剤投与に因る、副作用に酷似
あざらしの大量死は、福島以前10年くらい前からあったらしいので、そのようなことも考えられますね。ただし、与えたとしたら、「抗ガン剤」としてではないでしょうが・・・・・・
Posted by 狭依彦 at 2012年01月22日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。