2012年01月24日 Tweet It!

以オバマには攻撃ぎりぎりに通知

イスラエルはオバマにイラン攻撃の通知で12時間しか与えないだろう

ロンドンタイムズの報道によると、イスラエルを訪問中のデンプシー将軍は、オバマ大統領にはイスラエルがイランを攻撃する事前通知で12時間しか猶予を与えないだろうとイスラエル側に言われた。

もし早く攻撃通知を行えば、イスラエルはオバマ大統領が攻撃を台無しにするかも知れないというのがその理由だ。攻撃が行われればイランはホルムズ海峡を封鎖する対応に出る可能性が高く、それにより原油価格が高騰すれば西側経済に大打撃を与える。もし攻撃がここ10ヶ月の間に行われれば、オバマ大統領は大統領選挙で厳しい状況に追い込まれかねないからだ。

イスラエルのシモン・ペレス大統領はデンプシーにこう話した。「このイランに対する戦いは勝利となることは確信しています。この戦いは、イスラエルやアメリカにだけかかっているのではなく、世界のすべての国民たちのために安全な世界を作り出すための国際的な戦いです」

元記事


きっとこのニュースなどは、日本ではとりあげられて、「おー!イスラエル!世界の平和のために、われわれのために戦ってくださるのだ!おー、ありがたい、ありがたい、なんまんだぶつ」と日本国民は思わされるのでしょうね!
このペレスさんはノーベル平和賞受賞者ですからね!

「平和」という言葉も捨てるべきかもしれません。


posted by 狭依彦 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック