2012年01月24日 Tweet It!

空母エンタープライズとペルシャ湾

アメリカが最古の原子力空母をペルシャ湾に派遣−真珠湾の再現か

イラン政府への直接のメッセージとして、米海軍の空母エンタープライズがペルシャ湾に派遣された。

「この派遣の理由は、奴等に我々はどのような不測事態に対しても十分な準備があることを思い知らせ、外交的な努力をしたほうがベターであると思わせるためだ」というのが公式見解だ。

この空母は1962年のキューバ危機やベトナム戦争で働いてきた米海軍の最古参の原子力空母である。

過去に、イスラエルが米戦艦リバティを攻撃して、アメリカがイスラエルの敵を攻撃するように仕掛けたことがある。これは最初エジプトが攻撃したことにされていたが、後にイスラエルの仕業であることが判明した。
これが好例で、エンタープライズが沈められることになったら、真珠湾の再現で、アメリカはイランとの戦争に入らざるを得なくなる。

さらに、エンタープライズは来年任務を終えることになっている。
原子力空母を解体するのには多額の費用がかかるが、これがペルシャ湾で沈むことになれば、その費用が浮く。ペルシャ湾が汚染されたとしても、アメリカの知ったことではない。

フランクリン・ルーズベルト大統領も、真珠湾に旧式な戦艦を向かわせ、最新の戦艦はハワイから遠く離れたところに置いておいた。

イスラエルは3隻のドイツ製の潜水艦がペルシャ湾で活動している。

元記事

これは、この元記事を書いた人の分析です。

状況的に真珠湾に近いということでしょう。
真珠湾の戦艦を沈めたのは日本でしたが、今度は、イランかイスラエルか?


posted by 狭依彦 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。