2012年01月31日 Tweet It!

ロスチャイルド・シオニスト

アイクのニュースレターより

リビングルームの象

ロスチャイルド・シオニストが最初の会議を開催したのは1897年8月で、スイスのブリュッセルであった。これは、元々はドイツのミュンヘンで行われる予定であったのを認識している人は数少ない。
この会議は、ドイツ国内のユダヤ人の反対によって、スイスに変更されたのだ。彼らはロスチャイルド・シオニストのアジェンダに従ってパレスチナに移送されるのを望んでいなかったからだ。
ユダヤ人たちはその当時はうまくやったが、その後30年たってロスチャイルドが操作し、ロックフェラー、ハリマン、ブッシュが資金を出したナチス党がドイツで権力を得ると、多くのユダヤ人がナチスの嫌悪のためドイツやヨーロッパを去り、アメリカやパレスチナに向かった。
ナチスのおかげで、ロスチャイルド・シオニストのリーダーシップが前進したのだ。
これは偶然だろうか?そんなことはないだろう。

イスラエル国が爆撃され生存の危機に陥るやいなや、ロスチャイルド・シオニストの多くが、自分の子供がアメリカ国民として生まれるように、アメリカへ移住した。
これらの子供たちが合衆国政府やそのエージェンシーを牛耳っているロスチャイルド・シオニストとなっている。
オバマの参謀ラム・エマニュエルもその一人である。エマニュエルの父は自分がイルグーンの一員であることをおおっぴらに自慢していた。

エマニュエル、オルブライトもその関係ですね。
きっと、調べるといっぱいいるのでしょうね。

ナチスをこのように見ると、全く、「絵」が変わってきますね。
だれか、この「絵」で日本の同時代を描いている人はいないのでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック