2006年10月12日 Tweet It!

イラクの死者

米軍は最大23万8千人のイラク国民を殺している。

Johns Hopkins大学の研究者がイギリスの医学雑誌Lancetの最新号に発表したところによると、米国のイラク攻撃と占領によって、42万6千人から79万4千人のイラク人が死亡することになったという。これは、同じ研究団体が小規模な調査に基づいて、2004年に出した10万人という数と比較して、大変な増加である。42万6千人から79万4千人というのはイラクの全人口の2.5パーセントに当たる。

元記事

ブッシュはこの数字が根拠の無いものとして否定していましたね。2.5パーセントというのは、30人に1人が死んでいる勘定でしょうか?(算数できない)


posted by 狭依彦 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック