2012年02月29日 Tweet It!

シュマレンベルクウイルス

ミステリー・ウイルスが数千頭の羊を殺している

農水省のページ

Schmallenberg virus(シュマレンベルクウイルス)は生まれてくる羊が死んだり、融合した四肢とか曲がった首などの重大な奇形−つまり、生き延びることはできない−を引き起こす。

イギリスでは1月に起こり始めたが、現在のところ南部、東部の74の農場が被害にあっている。

このウイルスは、最初、昨夏ドイツのシュマレンベルクがはじめての発症であった。
昆虫によって媒介されるようで、昨年の秋、キャリアの昆虫が海峡を越えたものと思われる。
動物から動物への感染は確認されておらず、人間への感染も今のところないようだ。

このウイルスは成獣が感染しても何も症状を表さず、子供が死んで生まれてはじめて感染が分かる。
よって、現在判明しているより、ずっと多くの感染がある可能性がある。

元記事

農水省のページが詳しいです。
これも、バイテクで作られたものでしょうか?
食べ物が無くなったら、人間、死にますわね。
今後、米や麦が冒される病気でも出たら、やっぱり、「作られた」と考えるのも、「アホ」ではないでしょう・・・・・・


posted by 狭依彦 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。