2005年03月25日 Tweet It!

信仰の遺伝子

昨年、アメリカの国立研究所のハマー教授によって、「神の遺伝子」に関する研究が発表された。教授は2000名のDNAを調査して、高次の精神的な力を信じる能力は、VMAT2という遺伝子に関係している可能性が高いとした。

今回は、ミネソタ大学で、500名の一卵性双生児と二卵性双生児を比較して、信仰心は生まれつきのものかどうかの研究が行われた。その結果、子供時代の信仰心は生まれ育った家庭環境による可能性が高いが、青年期から大人に移り変わるに従って、遺伝子の要因が環境要因よりも影響力を持つことが示唆されている。

これは、一卵性双生児に比べて二卵性双生児が、大人になってから違った信仰を持つ率が多いことを根拠としている。

元記事


posted by 狭依彦 at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック