2012年03月28日 Tweet It!

スペインのセックスストライキ

国家的セックスストライキ!
スペインの高級娼婦たちが銀行家が資金繰りに困っている家族のために信用枠を広げない限り、銀行家たちと寝るのを拒否


スペインの高級娼婦たちは同国の銀行家たちが資金繰りに困っている家族や企業のために信用枠を広げるまで、銀行家たちとセックスするのを拒否している。

マドリードの高級娼婦たちは、銀行の従業員たちが「社会に対しての責務を果たし」て困窮しているスペイン人により多くのローンを提供し始めるまでは、ストライキを無期限に続けると言っている。

ひきょうな銀行家たちは、自分が建築家やエンジニアであると主張して抗議活動をごまかそうとしていると、セックスワーカーたちは言っている。

元記事

我々日本人の銀行家に持っているイメージと、西欧の銀行家のイメージとは違うのではないか、というのが、バンカーの記事を読んで感じることです。


posted by 狭依彦 at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の日本の場合、風俗店だけなくすべてのお店が東電幹部に物を売ることを拒否するというのはどうでしょうか。
Posted by 匿名 at 2012年04月08日 16:18
そう言えば、3/11の時、東電の副社長だったか、高級クラブ(古い言い方かも)でなんとかしているという話があったような・・・・・・
Posted by 狭依彦 at 2012年04月09日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。