2006年10月24日 Tweet It!

英国・指紋スキャン

一杯やりたい?オーケー。指紋を見せてね

一杯飲むのもビッグブラザーの支配下にある。英国政府は、イギリスの大都市のパブやクラブの入り口にすべて指紋のスキャナを強制的に設置させたいと発表した。それが現実となると、イギリスでファッショナブルな場所で一杯飲もうとすれば、指紋をとられることになる。

普通は、この政策はアルコールに関連した犯罪を減らし、トラブルメーカを排除するために行われる。しかし、今では皆疑っている。われわれすべてが犯罪を犯すものとみなされているのか。文明社会を守るために、全員が指紋をスキャンされデータを記録されるのか。若いやくざが力を持ち優勢になっているので、彼らを止めるために、われわれ全員が危険だとみなされなければならないかということだ。

元記事

日本でも飲酒運転キャンペーンやってますね。こうやって、アイクのヘッドラインを訳していると、日本とイギリスの相似性に気づかされます。もちろん、宗主国はイギリスね……
あと、「ちひろ」さんの、コメントにアメリカの指紋スキャンの状況が紹介されています。



posted by 狭依彦 at 22:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.hiddenmysteries.org/news/asia/japan/041002a.html今日2チャンネルを見ていたら、ここに飛びました。少し古い記事のようですが、アイクがロックフェラーの手紙を紹介しているようです。
Posted by uland at 2006年10月26日 13:31
Ulandさんのロックフェラーの手紙見ました、近いうち来るであろう弊害は各国家の破壊か?、それともニューエイジなどがいうフォトンアセッション(14万4千人と言うあたり)か?、その勢力は本気なんでしょう、「我々が支配しなければ・・・」と、その中で興味深いことが書いてありますね、極東がきっかけか?、

日本でも聖師の立替や岡本天明やその他の方々は激変し今とひっくり変えることを予言している、と感じるが、       

それの逆で悪も支配する為激変を仕掛けると言う、結局今の世の体制や価値観や世の中はどちら側でも激変する、という運命なのか?。

Posted by chuji at 2006年10月26日 14:49
指紋スキャンやID化などですが、2008年までに沖縄ではタバコ買うにはIDカードを作らなければ買えない制度になるらしい、未成年に売らない解決法だという、愛煙家の私はアメリカナイズされた今の日本の制度は憂いが無くなるのではないかと思っている、ぼくは煙ばかり吸っているが、あちら側は全世界禁煙にしたいらしい、煙吸えばウイルスやケムに負けない自分になると勝手に言い訳妄想しています。
Posted by chuji at 2006年10月26日 18:15
>新しいシステムが来つつある。ただ一つの質問は:あなたがそこにいることを選ぶか?

私は選びたくないです。
Posted by 狭依彦 at 2006年10月26日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。