2012年04月04日 Tweet It!

オーガニック企業の持ち主

オーガニック食品産業はコカコーラなどの企業に買われている

「健康」で「環境を考慮している」と思われているいくつかの企業が何も知らない消費者を騙して、添加物や賦形剤をこっそり入れた製品を買わせているのは何故かと読者はいぶかしがるだろう。
たぶん、その主な理由の一つは、コカコーラやジェネラル・ミルズのような彼らの不健康な「競争相手」そのものに多くの偽オーガニック・ブランドが所有されているからだろう。
実際のところ、あなたのお気に入りの「完全自然」でオーガニックな会社のいくつかは、巨大企業に所有されている。

(元記事にアメリカのオーガニック企業の所有関係の図があります−英語)

この図を見ると、「健康食品」企業の多くが、製品の成分をごまかしていることの理由がはっきりするだろう。
今や、クラフトやコカコーラなどの企業に買収されている企業から離れて、本当の独立したGMO、農薬や危険な添加物を実際に控えている本物のオーガニック・ブランドをサポートすべき時であろう。

元記事

元記事の企業関連図、アメリカの企業の名前はあまり分からないけれど、なかなか興味ある図です。
posted by 狭依彦 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262282155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。