2006年10月27日 Tweet It!

2012年6月6日

その女は他の皆と同じように目を伏せたままだった。自分はあたかも自由であるかのように、周りを見回したりはしない。しかし、ひまをつぶすために視線を上げることもある。その視線は、ひそかに何かをポケットに滑り込ませる警備員に注がれる。そして、女は、スキャンニング・マシーンにかけるために、財布をプラスチックの入れ物に投げ入れる。

その女は、太って背が低い。ブロンドの髪は色あせていて、どんな女もしないようなひどい化粧をしている。警備員の絵りんはいつでもその女を避けようとしていた。反感で女の鼻は曲がっている。それでやっと、警備員の視線が女に向けられる。犯罪で赤みがかっている女の顔はエリンの憎悪とぶつかり合う。

元記事  機械翻訳

この時までは、何か乗り物に乗れるようですね。


posted by 狭依彦 at 21:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2012年は超監視社会なのか?、それとも自由はのこってるのか?、

誰にも見られない心の奥までも覗かれるのか?、
ここに書かれてある世界は恐ろしい感じですね。
ロックフェの手紙に書かれてあったことなど、まず最初に突然始まる各国家の破壊とありますね?、株は判らないが、最近記録更新している米株高は不吉な予感がするし、そうなれば日本もかなり影響あるのか?、まずはぼくの生活の心構えほんとに帯締めようと思うこの頃です。

Posted by chuji at 2006年10月30日 17:37
どうして、連鎖的に同じような事件が起こるのですかね。(いじめの自殺など)
こんな事件が起こるたびに、「問題」となり、教育界の浄化を求める「反応」が起こり、「クリーンな人」による「解決」が見られることになるでしょう。
クリーンな人のイメージは、わが国の第二次世界大戦前の人格者の将軍さんとかそんなネクタイとか制服をしっかりと着込んだ人。いちばん眉に唾付けて見なけりゃならないはずですがね……
こんなこと言うのは、数少ない、変態だけでしょうね。
Posted by 狭依彦 at 2006年10月30日 21:33
1929年10月24日、ウォール街の株が大暴落して、第二次大戦へとつながるのだけれど、私たちの陰謀論者の中では、「株が計画通り大暴落させられて」と読むのだけれど、今評判の、受験のために、歴史を習っていない人たち(優秀な人の部類に入るはず)ならどうかな?
きっと、「アホ」か、と冷笑されるだけでしょうな!
Posted by 狭依彦 at 2006年10月30日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。