2005年03月27日 Tweet It!

イタリアの情報部員暗殺

この記事、訳がちょっと不安です。また、内容を信じる前に、ぜひ、ソースも確認してください。

March 15, 2005?The Bush administration took specific legal steps that cleared a U.S.
Special Forces assassination team in Iraq from any future criminal proceedings arising from their assassination of Italian SISMI intelligence number two man .

2005/3/15 ブッシュ政権は、イラクの米特殊部隊暗殺チームがイタリアのSISMI情報部員の暗殺に関して法的な追求を受けることのないような特別な法的措置を取った。

この法的措置とは、ブッシュ政権が国際刑事裁判所を認めることを拒否することである。CaliparとジャーナリストのSgrenaは、ナパームやマスタードガス、神経ガスの使用を含む米軍のファルージャでの残虐行為の証拠を握っていた模様である。また、Caliparはヴァチカンにも支援されており、前フセイン政権の情報メンバーからも情報を得ることができたし、また、イラクの反政府勢力からも取材することができた。また、アメリカに支援された現政権がザルカウイの勢力に協力していることも知ることができる立場にあった。このために暗殺されたようだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。