2012年04月08日 Tweet It!

英仏ロスチャイルド合体へ

ロスチャイルドがイギリスとフランスの銀行業務を統合
ここで示されてるこの動きについての理由はデタラメだ−ロスチャイルドのヒエラルキーが何を言おうと、それはデタラメで、より大きな計画の一部である

200年の銀行が一つの株式保有の下再統合され、有名なロスチャイルド一族のフランス側とイギリス側の資産が統合されることとなる。これは、新しい規制による影響と、世界的財政危機によって事業が傾くことから事業を保護する対策であるという。

パリに本社があるロスチャイルドグループの持ち株会社Paris Orleansはフランスの有限責任組合に変更され、あり得る乗っ取りに対して一族の銀行への支配を確保するものとなる。
それから、この有限責任組合はNM Rothschild & Sonsやthe UK businessの少数派の投資家、また、フランスの事業での突出した少数の株式を買収することとなる。

デーヴィッド・ロスチャイルドが有限責任組合のチェアマンとなり、この新体制は、長期的な一族の支配を確保しながら、ロスチャイルド銀行が「一般的なグローバリゼーションや特に競争的環境に要求により良く合致しするのに寄与するだろうという。

元記事

訳がおかしような気がしますが、イギリスとフランスのロスチャイルドが合体するということでしょう。
200年の銀行と言っていますが、200年かけて進めてきた計画がいよいよ完成するときなのでは?、なんて感じますね・・・・・・


posted by 狭依彦 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。