2006年10月30日 Tweet It!

ヒトラーとバチカン

ヒトラーはブッシュのようにバチカンに忠誠を誓っていた

ヒトラーはカトリック教会に忠実に仕えていた。そして、自分を権力の座につけたPius XI世とPius XII世への留まるところの無い献身を示していたし、イエズス会への献身も恐れず、恥じることなく認めていた。

ヒトラーとイエズス会との親密な関係を疑う者は、1939年のHermann Rauschning(ダンチヒ政府の国家社会主義者)が録音したものを聞くべきだ。ヒトラーは語る、「多くのものをイエズス会から学んだ。現在までに、カトリック教会の聖職者の階級組織ほど、地球上で、壮大なものはない。私は、この組織の多くを自分のナチ党に転用した。私のBurgs of the Orderでは、世界を身震いさせるような若者を育てあげるつもりだ。」

元記事


posted by 狭依彦 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。