2012年04月25日 Tweet It!

スペイン・フランス国境一時的閉鎖

スペイン:フランス国境が一時的に閉鎖へ

内務相の発表によると、スペイン・フランス国境が閉鎖されるということだ。これは、バルセロナでのヨーロッパ中央銀行サミットが開かれることに関して、公共秩序と国内のセキュリティ問題への重大な危惧のためだという。

このことにより、Schengen条約が一時的に保留され、4月28日から5月4日までフランスに国境管理が任されることとなる。

すべての地上の国境は閉じられ自由に動くことができなくなり、Gironaとバルセロナの空港ではセキュリティ・チェックが強化される予定だ。

元記事

ヨーロッパの人たちで、バンカー=銀行家は悪いやつと思っている人がかなりいるのですね。
日本人としては、なかなか想像できないですが・・・・・・


posted by 狭依彦 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック