2006年11月03日 Tweet It!

Wikipediaのスパイ版

米国の情報関係機関がWikipediaのスパイ版を公表

米国の情報関係機関は火曜日、独自のWikipediaの秘密バージョンを公表した。そのオープンさによって有名なオンラインの百科事典形式であるWikipediaは、アメリカのスパイ行為の将来にとって鍵となるという。米国情報部のツアー(皇帝)John NegroponteはIntellipediaを発表した。これは、情報分析者や他の政府関係者が政府の秘密のIntelink Web(内部のネットワーク)をワールドワイドウェブのWikipediaのように、協力し合って情報を加えたり編集できるようにするシステムである。

「トップ・シークレット」のIntellipediaシステムは、現在米国の諜報コミュニテイを構成する16の関係機関で利用することができるが、4月17日の導入以来、2万8千ページ以上で、3800人の登録ユーザまでに広がっている。情報の中でも、「秘密」「機密事項」であるが「機密」扱いされていない情報に関する、制限のゆるやかなIntellipediaのバージョンも存在するという。

元記事

機械翻訳




posted by 狭依彦 at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック