2012年04月26日 Tweet It!

福島=戦争のない核戦争

福島:戦争のない核戦争:世界中の放射線の語られていない危機

世界は重大な岐路に立っている
日本の福島の惨劇は世界規模の放射線の危険を前面に押し出した。

日本の危機は「戦争のない核戦争」として描かれている。
有名な小説家村上春樹の言葉では「今回は日本に爆弾を落とした者は誰もいない。われわれが自分でお膳立てをした。自らの手で犯罪を犯してしまった。われわれは自分たちの土地を破壊していて、自分たち自身の命を壊している」

地球上の生命を脅かしている放射能は一般大衆の重大な関心事に比較して、第一面のニュースとなることはない。その関心事には、地方レベルの犯罪現場やハリウッドの有名人についてのタブロイドゴシップ記事などもある。

元記事


posted by 狭依彦 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。